医学的に肥満解消を実現

病院外観

医学の力で肥満改善を実現する

1960年代からアメリカなどで、生活習慣病の重大さを認識し、病院でダイエット治療を試みる形が出てきました。日本においても、メタボ診断がなされるようになり、心筋梗塞などとの因果関係も明らかになる中、ダイエット外来なるものが行われるようになってきました。病院では、まず既往症や生活習慣などについて問診を行ったり、身体測定や血液検査、必要に応じてメタボ遺伝子の検査までを行います。ダイエットの方法としては、食事療法や運動療法、抗肥満薬の投薬などがあります。まず、食事療法では、一日400gの野菜をカロリーの低いスープでとる、血糖値の低い食材を食べる、食事の順番を野菜からとる、エネルギーを消費しやすいものを食べる、低カロリー良たんぱく質なものを食べる、良くかんで糖の急上昇をおさえ満腹感を得るようにするなどです。これらの食物の摂取方法は、肥満を抑制するために行う対抗戦術的な内容です。次に、運動療法では、一日30分の有酸素運動を継続して週5回行います。ウォーキングや水泳、水中歩行、サイクリングなどです。最後に、抗肥満薬としては、食欲を抑え脂肪の九州も抑えるサノレックスを用います。日本ではこの薬が多く使用されていますが、欧米ではゼニカルなども使用します。

ダイエット外来は、初診料として1万円ほどの相談料が最初に必要となります。保険の適用があるので、その後は特別な費用はかかりません。また、ダイエット入院というしくみもあります。7泊8日で病院に入院をし、主に食事療法でダイエットをします。こちらも保険適応ですが、10万円ほどかかります。ダイエットに関わる学習をしたり、食事の取り方などを学びます。スタッフとの食事会もセットされます。短期に集中して取り組みます。ですから、効果が上がらなかったという人は今までにいません。そもそも、基礎知識としてBMIについて確認をします。BMIとは、肥満の度合いを測る数値です。計算式としては、体重÷身長÷身長で数値を出します。この数値が22であれば標準と言えます。25以上が肥満です。35以上は高度肥満です。このような肥満状態を続けていると、糖尿病や高血圧などになったり、がんの発生頻度が上昇します。メタボの状態をさらに放置すると動脈硬化が進行し、脳梗塞、心筋梗塞などの致命的な症状になってしまいます。きちんとした対策をうつことが大切です。外来が流行る前には、ゆで卵とグレープフルーツを中心とした献立で食事制限でカロリーを落とし短期間で効果をあげる国立病院ダイエットなるものも日本において流行したことも豆知識としてあげておきます。